研究室紹介

研究方針

佐藤海二研究室では,機械運動システム(動く機械)の高性能化と新たな可能性を探求するために,これまでにない特徴(高性能,新機能)をもつアクチュエータやメカニズムの実現とその応用に関する研究を進めています.

現在研究対象としている機械運動システムや個別研究テーマは,研究概要や研究テーマを参照して下さい.機械運動システムに求められる特性は,用途によって様々ですが,広く役立つ技術,システムとするために基本的に下記の特徴をもたせるようにしています.

  • 高性能(高精度・高加速・高速)である
  • 簡単な構造である
  • 製作や保守が簡単である
  • 新機能・利用法の実現

学生に期待すること

基本的に,構想・設計・試作・実験・解析といった研究の一連の過程を経験してもらいます.

学業・研究に積極的に取り組んでください.分からないことは,積極的に質問し,調査してください.そして知識や技術を早く身につけてください.黙って待ってもいいことはありません.

前向きな提案・要望は是非してください.歓迎します.

論理的に考え,説明する習慣を付けてください.社会で必要です.

担当する研究テーマ

研究テーマは,学生と相談して決めています.既存の研究テーマを発展させる研究に取り組むことが多いですが,私からの提案や学生と議論しながら新規テーマを立ち上げることもあります.

佐藤海二研究室を志望/検討されている方へ

  • 是非見学に来てください.専攻全体の見学会の予定は,専攻HPに記載されています.別の日を希望する場合は,個別に問い合わせください.
  • 見学前・見学後でも,質問がありましたらメール等で聞いてください.
  • 上記のように,担当テーマは,相談して決めています.関心のあるテーマがありましたら,早めに相談・伝えてくれると有難いです.(研究計画や割り振りを考えるため)
  • 研究室責任者(佐藤海二)に直接相談・確認したいことがありましたら,見学会参加予定であっても,事前に確認してください.(所用のため,稀に不在であることがあります)
  • 専攻入学試験に関する情報は,専攻HP等で確認してください.

Key words メカトロニクス,制御,位置決め,モーションコントロール,マイクロダイナミクス,マニピュレータ,アクチュエータ,リニアモータ,平面モータ,磁力,静電,アライメント,光スイッチ,空気圧

研究分野 精密メカトロニクス,精密運動制御,ロボッティクス,運動システム設計,アクチュエータ